エンジニア2021.06.30

気になる!エンジニアの仕事内容とは!? ~ITインフラ・ネットワーク編~

こんにちは!

新卒の皆さんに人気の「IT」分野の仕事は、制御、アプリ、インフラネットワークと

対象が多岐に渡ります。

今回は、社会のIT基盤を支える人気の『インフラエンジニア』について、ご紹介します!

「電気」「ガス」「水道」のような生活する上で欠かせないものは、

社会インフラと呼ばれていますよね。

つまりインフラとは、社会生活を支える設備や施設を総称した語句として使われています。

現在では、日常生活のあらゆるものにITが活用されています。

例えば、写真をInstagramで友人と共有する場合には、ネットワークを介して、

データをサーバーに保管することで実現できています。

電気や水道がなければ生活ができないように、

ITの世界ではサーバーやネットワークなどのITインフラが整備されていなければ、

どんな素晴らしいサービスも使うことができないのです。

縁の下の力持ちとしてIT基盤を作り上げているのがインフラエンジニア。

世の中に欠かせないインターネットが生活の中心にある限り、

この需要は尽きることはありません。

★インフラエンジニアって、どんな仕事?

インフラエンジニアは、サーバーネットワークに分けられます。

●サーバーエンジニア
目的に応じてサーバーを選定、
システム運用に適したOSやソフトウェアのインストール、
サーバーがきちんと稼働しているか監視及びトラブル対応
(おすすめの資格)MCP、LPIC

●ネットワークエンジニア
パソコンやネットワーク機器導入のためのヒアリング、
実際に手を動かしてネットワーク機器を設置、監視及び障害対応
(おすすめの資格)CCNA、CCNP

いかがでしたか?

ITエンジニアといっても、さまざまな役割があり、やりがいも異なります。

少しでも気になる方は、是非エントリ―ください。

エントリ―後、一次選考対象の方に、WEB説明会視聴URLをお送り致します。

 

リクナビからエントリーはこちら

マイナビからエントリーはこちら

LINEからエントリーはこちら

当社HPからエントリーはこちら

SHARE

こんな記事も読まれています

ENTRY エントリー