正社員型派遣エンジニアの転職・求人サイトネクストエンジニア

お気に入り
0
エントリー
MENU
働く環境
更新日:

機械設計の転職に年齢は関係ある?30代からの転職を成功させるポイントを解説

「機械設計エンジニアの転職に年齢は関係あるのだろうか」
「年齢を重ねると転職が難しくなるのだろうか」
機械設計エンジニアへの転職を検討していて、このように考えている人も多いのではないでしょうか。

機械設計エンジニアに限らず、20〜30代前半の若い年齢層ほど転職に成功する確率が高いです。ただ、年齢が高くても転職は可能です。

本記事では、機械設計エンジニアに転職した人の平均年齢や、年齢が高くても転職を成功させるポイントについて解説します。経験にブランクがある場合の対処法も説明しますので、参考にしてみてください。

機械設計の主な仕事内容

機械設計エンジニアとは、機械が動く仕組みを作るエンジニアです。自動車、航空機、ロボット、医療用機器、半導体などあらゆる業界で機械の設計を手掛けています。

機械設計エンジニアの仕事は、主に以下3つの工程に分かれています。

順番工程内容
1概念設計顧客の要望をヒアリングした上で、機械のコンセプトや製作に使う技術や部品の素材を考える。
2基本設計設計データのシミュレーションを行い、設計内容が実現できそうかを判断する。
3詳細設計試作や実験を繰り返しながらCADで機械の設計図を作成する。

上記の工程を踏まえて、実際に製造するレベルまで設計を詰めていきます。

機械設計エンジニアの仕事内容について、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

参考記事:機械設計エンジニアの仕事内容|年収や転職に役立つスキル・資格も紹介

機械設計の転職に年齢は関係ある?

年齢が高くても、経験や実績があれば機械設計への転職は難しくありません。

自分の経験と応募先企業が求める人材が合致していれば、40代を超えていても転職は可能です。企業や業界によっては、年齢より経験を重視することも多いです。

ただし、年齢が高くなるほど、入社後に即戦力になることを求められます。チームのマネジメントをした経験や会社の業績アップに貢献した実績などがあれば、積極的にアピールしましょう。

機械設計に転職したときの年収例

機械設計エンジニアに転職した場合の年収例を3つ紹介します。

年収例内訳経験年数
798万円月給53万
+残業手当
(11h分)
+賞与年2回
経験26年
726万円月給48万
+残業手当
(11h分)
+賞与年2回
経験24年
654万円月給43万
+残業手当
(11h分)
+賞与年2回
経験21年
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

機械設計エンジニアは、需要に沿った知識やスキルを身に付けることで年収アップが期待できる職種です。

30代からの機械設計転職を成功させるポイント5選

30代後半・40代以降の年齢で転職するにあたって、気を付けたいポイントは5つあります。

  1. 企業規模で選ぶ
  2. 柔軟な対応ができることをアピールする
  3. 説得力のある転職理由を述べる
  4. 転職に有利なスキルや資格がある
  5. 機械設計に強い転職サイトを利用する

それぞれのポイントをおさえると、転職が成功する確率はぐっと上がるはずです。

1.企業規模で選ぶ

年齢が高い人は、企業規模で応募先を選ぶことを検討しましょう。
一般的に大手企業や中堅企業は、特別な技術をもったエンジニア以外は30代前半までの人でないと採用が厳しい傾向にあり、地方の中小企業は人手不足や即戦力を欲しているなどの事情があり、40代を過ぎても採用される可能性が高いです。

一方、当社ビーネックステクノロジーズで就業する場合は、十分な経験があれば年齢に関係なく大手メーカーでも活躍できる機会が豊富にあります。

2.柔軟な対応ができることをアピールする

柔軟かつ臨機応変な対応ができることもアピールしましょう。

応募者の年齢が高い場合、企業側は「新しい環境に合わせた臨機応変な対応ができないのでは」「経験にプライドをもつあまり素直にアドバイスが受け入れられないのでは」と懸念を抱くことが考えられます。

経験やスキルをアピールすることも重要ですが、教わったことを素直に吸収できる人間性や対応力もアピールすることをおすすめします。

3.説得力のある転職理由を述べる

前職を辞めた理由と応募した理由は、説得力のある理由を述べましょう。
これらは履歴書や面接で必ずと言っていいほど回答を求められるため、企業にわかりやすく納得がいく説明をする必要があります。

あわせて、入社後にどのような仕事がしたいのか、どのようなキャリアビジョンをもっているかなども明確に伝えられると、企業に好印象を与えられるでしょう。

4.転職に有利なスキルや資格がある

実力を証明できるスキルや資格があると、転職活動で有利になる可能性があります。

転職時にアピールすることをおすすめしたいスキルは、主に以下4つです。

スキル内容
機械設計(4大力学)の知識機械力学・熱力学・材料力学・流体力学など機械設計全般の作業に欠かせない知識
CADなどの操作スキル設計図作成を行うCADや解析・シミュレーションなどを行うCAM・CAEの操作スキル
情報収集能力最新技術や業界のトレンドに関する知識・スキルの情報収集能力
コミュニケーション能力仲間と円滑に仕事を進めたり、顧客に説明や交渉を行ったりするためのコミュニケーション能力

転職活動でアピールする資格は、機械設計の技術を評価する「機械設計技術者試験」や、CADの作図スキルを測定する「CAD利用技術者試験」がおすすめです。

転職で有利なスキルや資格について、詳しくは以下を参考にしてみてください。

参考記事:機械設計エンジニアの仕事内容|年収や転職に役立つスキル・資格も紹介

5.機械設計に強い転職サイトを利用する

一人で転職活動を進めるのが不安な人は、機械設計に強い転職サイトを利用してみましょう。
中でも、希望に沿った求人紹介や応募先企業への条件交渉など、応募から就業までをトータルでサポートしてくれる転職サイトがおすすめです。

サイトによって専門の職種や業界が異なるため、機械設計エンジニアへの転職を希望する人は製造業に強いサイトを利用しましょう。

ビーネックステクノロジーズは、製造業へのエンジニア派遣実績が豊富です。業界事情に明るい専門コーディネーターが1対1でサポートします。求人に応募する前に相談できるサービスもありますので、確認してみてください。

求人紹介サービスを試してみる
※初回相談限定

機械設計の転職で後悔しないための対策3選

機械設計エンジニアとして転職したあと、後悔しないための対策を3つ紹介します。

  1. 詳しい業務内容を確認しておく
  2. 求められる知識やスキルを確認しておく
  3. 人間関係の悩みは完全には避けられないと考える

事前に確認や心構えをした上で、転職活動を行いましょう。

1.詳しい業務内容を確認しておく

応募先企業での業務内容は、入社前にできるだけ詳しく確認しておきましょう。
機械設計エンジニアの仕事はメンバーの進捗管理や会議への出席など、設計と直接関連のない業務も含まれます。

特に大手企業の場合は、担当業務が細分化されていて、やりたい仕事をさせてもらえない可能性もあります。「こんな仕事をするとは思わなかった」と後悔しないよう、求人情報や面接で入社後の業務内容を詳しく確認しましょう。

2.求められる知識やスキルを確認しておく

入社後に必要となる知識やスキルも、事前に確認しておきましょう。企業や業種によって求められるスキルが異なるためです。

たとえば、製品メーカーで特定の製品のみを作っていた人が製造装置メーカーに就職した場合、多様な部品を作るので幅広い技術が必要とされます。応募先がどのような技術を使ってどのような製品を作っているかを把握し、自分の経験やスキルが活かせそうか見極める必要があります。

3.人間関係の悩みは完全には避けられないと考える

職場の人間関係トラブルで転職を考える人もいるかもしれませんが、転職しても完全に避けることは難しいと考えておきましょう。経験を重ねるとプロジェクトリーダーを務めたり上流の工程に携わったりする機会が増え、社員や顧客との付き合いに悩むこともあるでしょう。

しかし、人間関係の悩みが発生するのは機械設計に限ったことではありません。「自分と異なる考え方をする人がいて当たり前」と考えることも必要です。

仕事に支障が出るほど悩みが深いときは、以下の相談できそうな人・窓口に頼りましょう。

  • ビーネックステクノロジーズの営業担当
  • 就業先企業の上司や同僚
  • ビーネックステクノロジーズのサポート制度(メンタルヘルスケアなど)

もしものときに相談できる拠り所を事前に考えておくと安心です。

機械設計の転職後のキャリアパス

機械設計エンジニアに転職した後はどのようなキャリアをたどっていくのか、転職前に想像しにくい人もいるでしょう。機械設計のキャリアパスには、以下の例があります。

  • 現場で働き続ける
  • 知識を活かして違う製品の設計に携わる
  • 企画・開発など違う部署に異動する
  • 就業先の企業に移籍する

1つの現場でスキルを磨いて特定の製品のスペシャリストになる道や、知識を活かして製品や働く場所を変える道もあります。転職先で経験を積みながら、自分の適性に応じてキャリアを選びましょう。

機械設計からの転職パターン

機械設計エンジニアの転職パターンとしては、主に以下の3パターンがあります。

  • 同じ業界の機械設計へ転職
  • 異なる業界の機械設計へ転職
  • 機械系の別職種へ転職

機械設計の仕事を続けたい場合は、同業種か異なる業界の機械設計に転職すると、これまでの知識や経験をそのまま活かせるでしょう。
機械系の異なる職種に挑戦する場合は、業務内容は変わりますが品質保証や生産技術エンジニアなど、機械設計の知識をある程度活かせる職種がおすすめです。

機械設計の転職に関するよくある質問

機械設計エンジニアの転職に関するよくある質問に回答します。

  • ブランクがあっても機械設計に転職できる?
  • 機械設計エンジニアに将来性はある?
  • 機械設計未経験でも転職できる?

気になる点は転職前に解消して選考に臨みましょう。

ブランクがあっても機械設計に転職できる?

ブランクがある場合の転職活動は、以下が成功の鍵となります。

  • ブランクの理由を明確に説明する
  • 過去の経験やスキルが活かせる

「他業種で働いていた」「家庭の事情や病気で仕事ができなかった」など、ブランクの理由は隠さずに伝えましょう。さまざまな事情で仕事をしていなかった人も、以下のようにブランク期間に行っていたことがあれば説明することをおすすめします。

  • 独学で行った機械設計に関する学習
  • 取得した資格

家庭の事情や病気で仕事をしていなかった人は、その理由が今後の仕事にも影響する可能性があるのかどうかをはっきり説明する必要があります。過去携わった業務内容を棚卸しし、自分の得意分野や担当した製品について説明できるようにしましょう。

機械設計エンジニアに将来性はある?

機械設計エンジニアは将来性のある仕事と言えます。近年AI技術の発達がめざましく、機械設計の仕事もAIに奪われるのではという声もあります。

しかし、AIが進化してもAIを管理・制御するエンジニアには機械設計の知識が必要です。今後新たなIT技術の導入やDXの促進により、機械設計エンジニアはますます需要が高まるでしょう。

時勢に合わせた知識やスキルを着実に身に付けることで、年齢に関係なく採用される可能性は高まります。

機械設計未経験でも転職できる?

未経験者でも機械設計に転職することは可能です。専門性の高い仕事ですが、製造業は年々人手不足が深刻化しており、未経験でも高いポテンシャルがあれば採用される可能性があります。

できるだけ転職を有利に進めるため、可能であれば機械工学の知識や機械設計に活かせる資格を習得しておきましょう。
また、職種が違ってもエンジニア経験者であれば、まったくの未経験者よりは採用される可能性が高いです。

機械設計に必要な経験があれば年齢が高くても転職は可能

機械設計エンジニアは、年齢を重ねても確かな経験やスキルがあれば転職可能な職種です。AIやIoTなど、今後ますます新たな技術が発達し導入されることで、世間の需要に沿ったスキルのあるエンジニアは年齢に関係なく重宝されるでしょう。

転職の際は、応募先企業で活かせる自身の経験やスキル、今後のビジョンについて明確に説明することが重要です。一人で転職活動を進めるのが不安な人は、機械設計の転職に精通したプロに相談することをおすすめします。

ビーネックステクノロジーズでは、製造業の事情に詳しいコーディネーターがあなたの希望やスキルに合った求人を紹介し、就業まで徹底サポートします。

興味がある方は、以下から機械設計エンジニアの求人を確認してみてください。

機械設計エンジニアの求人を探す

<初回相談限定>応募する前に、まずは相談したい方向けの無料相談サービスです
求人紹介サービスを試してみる

※これまで当社求人にご応募いただいたことがある方は、エントリーフォームよりご応募ください。

SHAREする
  • LINE