正社員型派遣エンジニアの転職・求人サイトネクストエンジニア

お気に入り
0
エントリー
MENU
働く環境
更新日:

機械設計からの転職パターンとおすすめの職種4選!活かせるスキルと成功のコツを解説

機械設計から転職するには、スキルや経験を活かした企業や職種を選ぶのがおすすめです。実験・評価エンジニアや生産技術エンジニアなどは、機械設計の経験やスキルを活かしやすいでしょう。

今回は機械設計からの転職パターンやおすすめの職種、活かせるスキルなどについて解説します。機械設計から転職を考えている人は、ぜひこの記事を参考に、希望する求人を探してみてください。

機械設計からの転職の難易度は高い?

機械設計からの転職は、スキルや経験を活かせる職場であれば難易度は高くありません。基本的に、スキルや知識が重視される傾向にあるため、即戦力としての活躍も期待できます。

また、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルは、異業種へ転職する際にも活かせるでしょう。ただし、以下の表のように40歳以上の転職は厳しい傾向にあります。

年代転職成功者の割合
24歳以下9.2%
25〜29歳40.6%
30〜34歳23.6%
35〜39歳12.8%
40歳以上13.9%
※出典元:doda「転職成功者の平均年齢調査(2022年)

異業種への転職を希望する人は、なるべく早く転職活動を始めるのがおすすめです。

機械設計からの転職パターン

転職を考える際には、現在の悩みや転職理由を参考に業界を決めるとよいでしょう。機械設計からの転職は、大きく以下の3パターンに分けられます。

  1. 同じ業界の機械設計へ転職
  2. 異なる業界の機械設計へ転職
  3. 機械系の異業種へ転職

それぞれのパターンについて詳しく解説します。

1.同じ業界の機械設計へ転職

機械設計の仕事内容に不満がない人は、同じ業界の別企業への転職がおすすめです。経験やスキルをそのまま活かせるので、有利に転職活動を進められます。

また、同じ業界であれば仕事内容は変わらないため、人間関係やワークライフバランス、待遇面の改善が期待できるでしょう。
ビーネックステクノロジーズの機械設計エンジニアとして働いた場合の年収例は以下のとおりです。

経験年数年収例内訳
21年654万円月給43万
+残業手当
+賞与年2回
24年726万円月給48万
+残業手当
+賞与年2回
26年798万円月給53万
+残業手当
+賞与年2回
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

経験年数やスキルがあれば、十分に年収アップも狙えるでしょう。

2.異なる業界の機械設計へ転職

設計する製品のジャンルを変えたい人は、異なる業界の機械設計への転職がおすすめです。未経験の職種と異なり、転職のハードルも低く、今まで培った経験を活かしながら新しい分野に挑戦できます。

特に、CADや機械工学などの知識やスキルは応用しやすいでしょう。ただし、業界によっては必要となるスキルが異なるため、事前に確認しておくのが重要です。

3.機械系の異業種へ転職

未経験の職種に挑戦したい人には、共通の知識を活かせる機械系の異業種をおすすめします。たとえば、生産技術エンジニアや実験・評価エンジニアなどは技術に対する理解が深いことから、即戦力としての活躍も期待できるでしょう。
しかし、業務内容自体は、大きく変化する場合がほとんどであるため、スキルや知識の学び直しが必要です。

機械設計からの転職におすすめの職種4選

機械設計から転職する場合、どのような職種を選ぶと良いのでしょうか。以下の職種であれば、機械設計のスキルや経験を活かしたキャリア形成が可能です。

  1. 機械設計エンジニア(上流工程)
  2. 実験・評価エンジニア
  3. 生産技術エンジニア
  4. 品質保証・品質管理

それぞれの職種について、目安となる年収と合わせて解説します。

1.機械設計エンジニア(上流工程)

機械設計からのキャリアアップを考えている人におすすめなのが、上流工程を担う機械設計エンジニアです。生産までの開発や設計など、すべての工程に携わります。

ビーネックステクノロジーズで経験を多く積んだ機械設計エンジニアの年収目安は、以下のとおりです。

経験年数年収例内訳
21年654万円月給43万
+残業手当
+賞与年2回
24年726万円月給48万
+残業手当
+賞与年2回
26年798万円月給53万
+残業手当
+賞与年2回
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

キャリアアップを考えている人は、求人情報の中で求められるスキルや業務内容を細かくチェックするのが重要です。

2.実験・評価エンジニア

実験・評価エンジニアは、リリース前の製品の品質や機能、安全性を評価する仕事です。自動車や航空機、家電製品などが対象となり、データを読み取るスキルや忍耐力などが求められます。

また、製品に対する実験だけではなく、計測結果の分析や解析、フィードバックなどを行うのも特徴です。以下に、ビーネックステクノロジーズの実験・評価エンジニアの年収例を紹介します。

経験年数年収例内訳
13年461万円月給30万
+残業手当
+賞与年2回
22年522万円月給34万
+残業手当
+賞与年2回
26年536万円月給35万
+残業手当
+賞与年2回
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

実験結果の解析やフィードバックに、機械設計で身に付けたコミュニケーションスキルや論理的思考力を活かせるでしょう。

以下の記事では、実験エンジニアの仕事内容や求められるスキル、役に立つ資格などについて紹介しています。実験エンジニアの仕事に興味がある人は、ぜひ一度ご覧ください。

関連記事:「実験・評価エンジニアの仕事内容|求められるスキルや将来性も解説

3.生産技術エンジニア

生産技術エンジニアは、製品の生産工程の課題を明確にし、効率改善を促す仕事です。改善点を洗い出すことで、生産期間の短縮やコスト削減を目指します。

製造業は幅広く、生産工程も異なるため、さまざまな分野の知識が求められるでしょう。ビーネックステクノロジーズの生産技術エンジニアの年収例は、以下のとおりです。

経験年数年収例内訳
10年467万円月給30万
+残業手当
+賞与年2回
22年604万円月給40万
+残業手当
+賞与年2回
26年651万円月給43万
+残業手当
+賞与年2回
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

長期的なスパンで多種多様な製造業に関われることから、エンジニアとしての成長を感じやすいでしょう。

以下の記事では、生産技術エンジニアの仕事内容や年収例、役立つ資格などについて紹介しています。生産技術エンジニアの仕事に興味がある人は、ぜひ一度ご覧ください。

関連記事:「生産技術エンジニアの仕事内容|年収例や資格・将来性についても解説

4.品質管理・品質保証

品質管理と品質保証は似た性質の仕事ですが、関わる工程と業務範囲が異なります。

項目品質管理品質保証
業務範囲主に製造過程のみ企画〜アフターサービスまで幅広い
保証範囲製品完成前まで企画から販売後まで
責任出荷時点の品質を保証出荷後の製品も保証
製品との関わりモノづくりに関われる製品になったものに関われる
コミュニケーション社内向けに対応社外との折衝も行う

品質保証は社外、品質管理は社内に向けての業務が多く、求められるスキルが若干異なるため、事前に確認しておきましょう。ビーネックステクノロジーズの品質保証・品質管理の年収例は以下のとおりです。

経験年数年収例内訳
13年461万円月給30万
+残業手当
+賞与年2回
22年522万円月給34万
+残業手当
+賞与年2回
26年536万円月給35万
+残業手当
+賞与年2回
※ビーネックステクノロジーズの年収例です。
※上記は、残業11時間分を含みます。年収例は一例であり経験やスキルにより異なります。

機械設計から転職する場合は、問題解決力や論理的思考力を活かしやすいでしょう。

機械設計からの転職に活かせる4つのスキル

機械設計の仕事で身に付けたスキルは、異業種や未経験の分野でも活かせます。特に以下の4つのスキルはアピールしやすいでしょう。

  1. 専門知識
  2. マネジメントスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 論理的な思考力

それぞれのスキルについて詳しく解説します。

1.専門知識

同業種に転職する場合、CADやCAEなどの設計ソフトを扱えるスキルはアピールしやすいでしょう。また、開発から製造までの工程に関わった経験も活かせるため、具体的なエピソードとともに伝えるのがおすすめです。
異業種からの転職者よりも製品への理解を深めやすいことから、改善点やメリットなどを提案できる点も強みになります。

2.マネジメントスキル

同業種や異業種などの業界問わず活かせるのがマネジメントスキルです。多くの企業でリーダーシップの取れる人材を求めているため、マネジメント経験がある人はアピールしましょう。

機械設計の仕事は、企画から製造まで関わるためプロジェクトの進捗管理が欠かせません。マネジメントの規模や経験年数に関わらず、培ったスキルは自信をもってアピールするのがおすすめです。

3.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、どのような仕事でも重要視されるスキルです。機械設計は他部署との連携が欠かせないので、コミュニケーションスキルを身に付けられます。上司や同僚と円満な人間関係が構築できるだけでなく、顧客との信頼関係も築きやすいでしょう。

4.論理的な思考力

合理的に問題解決を図るためには、論理的思考力が欠かせません。機械設計の仕事は新しい製品を生み出すなかで、試行錯誤を繰り返すため、論理的思考が身に付きやすいのが特徴です。
幅広い業種で活用できるので、強みとしてアピールしやすいでしょう。

機械設計からの転職で失敗したと感じる理由

機械設計からの転職を失敗したと感じるのはどのような時なのでしょうか。失敗したと感じる主な理由は以下のとおりです。

  • 転職先の社風が合わなかった
  • 予想より業務が忙しかった
  • 求められているスキルにギャップがあった

それぞれの理由について詳しく解説します。

転職先の社風が合わなかった

実際に働き始めてから、人間関係のトラブルや有給休暇の取りにくさなど社風が合わないと感じるケースもあります。働くまでわからない問題もありますが、企業研究を丁寧に実施することで、ミスマッチを防ぎやすいでしょう。

予想より業務が忙しかった

休日出勤や過度な残業が続くと、転職を失敗したと感じる人が多い傾向にあります。転職を決める前に、企業の口コミや評判を調べておくのがおすすめです。
また、面接の際に、休日出勤の有無や平均残業時間などを聞いてみるのも良いでしょう。

求められているスキルにギャップがあった

入社するまで必要とされるスキルがわからない企業もあるため、経験のない部署や担当に配属される可能性があります。自分のもっているスキルを活かせない場合、不満に感じてしまう人もいるでしょう。
入社後にギャップを感じないためにも、面接時に必要なスキルについて確認しておくのをおすすめします。

機械設計からの転職で成功するポイント4つ

機械設計からの転職を成功させるには、事前準備が欠かせません。以下の4つのポイントを押さえたうえで、転職活動を進めましょう。

  1. 自己分析を徹底する
  2. 希望する業界のリサーチをする
  3. ポジティブな転職理由を考えておく
  4. 機械設計に強い転職サイトを利用する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1.自己分析を徹底する

自分の強みや長所などを明確にすることで、企業にアピールしやすくなります。また、経験やスキル、短所なども書き出せば、ミスマッチも減らせるでしょう。

自己分析に取り組む際は、自分で考えるだけでなく、ツールを活用したり家族や友人に意見を聞いたりするのも効果的です。自己分析を徹底することによって、企業に求める条件や転職の目的が明確になるため、自分にあった求人を探しやすくなります。

2.希望する業界のリサーチをする

入社後のミスマッチを防ぐには、希望する業界や企業のリサーチが重要です。求人情報やホームページだけでなく、SNSや口コミを確認してみると良いでしょう。

リサーチを丁寧にすることで、より明確に志望動機や自己PRを伝えられます。また、給与や勤務時間などの条件面の確認も必要です。実際に働いているイメージがつかめるようにリサーチを進めましょう。

3.ポジティブな転職理由を考えておく

給与や待遇などの不満、人間関係のトラブルのようなネガティブな要因で転職を決める人も多いでしょう。転職理由を聞かれた際にネガティブな要因だけだと、同じ理由で辞めるのではと印象を悪くする可能性があります。

そのため、事前にポジティブな転職理由を考えておくのがおすすめです。たとえば、やりがいを感じられなかったことで転職を決めた場合は、「新しい分野に挑戦したい」といった前向きな印象を与える言葉に変換するとよいでしょう。

4.機械設計に強い転職サイトを利用する

機械設計に強い転職サイトを利用した方が、希望する職種の求人は見つけやすいです。しかし、一般的な求人サイトだと、希望する職種が掲載されていないこともあるでしょう。

NEXT ENGINEER』なら、機械や電気、IT領域に特化した求人が全国で7,000件以上掲載されています。大手メーカー約1,080社の求人が掲載されているのもメリットの1つです。

今後のキャリアや希望する職種に悩んでいる人は、エンジニアを始めとする技術職への理解が深い専任のコーディネーターからアドバイスも受けられます。無料で相談できるため、一度利用してみてください。

機械設計の経験を活かして希望する職種へ転職しよう

機械設計のスキルや経験を活かして転職するなら、実験エンジニアや生産技術エンジニアなどがおすすめです。マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなどは、機械エンジニアから異業種に転職する場合でもアピールできます。

また、希望する職種の求人を見つけるには、機械設計に強い転職サイトを利用しましょう。『NEXT ENGINEER』なら、機械や電気などの領域に特化した求人を掲載しており、専任のコーディネーターのアドバイスを受けることも可能です。今後のキャリアパスや職種に関する相談もできるので、安心して転職活動を進められます。

興味がある方は以下から機械エンジニアの求人を確認してみてください。

機械エンジニアの求人を探す

<初回相談限定>応募する前に、まずは相談したい方向けの無料相談サービスです
求人紹介サービスを試してみる

※これまで当社求人にご応募いただいたことがある方は、エントリーフォームよりご応募ください。

SHAREする
  • LINE