【光学機器】
ソフトウェア開発
2018年入社 / 戸田剛暉

【光学機器】ソフトウェア開発 2018年入社 / 戸田剛暉

最先端のプロジェクトに関わることが、エンジニアとしての可能性につながる。

「AIの進化」に立ち会い、知識を吸収する毎日です。

現在の職場は、大手電機機器メーカーの技術開発部門。画像処理ソフトの開発にあたるエンジニア15名が所属する部署で、AIによる画像認識に携わっています。

配属先のメーカーは、デジカメやスマホのカメラで人の顔を認識する技術で高いノウハウを持っています。この技術をベースに、例えば人の関節を正確に認識し、監視カメラの機能を高めるといった開発プロジェクトに携わっています。

AIによる自動学習は、まだまだ課題も多いのですが、期待通りに動いてくれた時は、やりがいを感じます。

AIについては知識が全くなかったので、入社当時はついていけるかと不安もありましたが、周囲のメンバーがとても親切にしてくれるので、とても働きやすいですね。

今後は、色々な分野でAIのニーズが高まっていくはず。将来性のある領域で仕事をしながら、色々な分野の企業で必要とされるエンジニアへと成長していきたいと思います。

手厚いサポートがあるから、自分の可能性を広げられる。

当社を選んだきっかけになったのは、説明会で聞いた「エンジニアの理想の働き方を実現するエンジニアプラットフォーム」という言葉。会社がエンジニアの成長をサポートするビーネックステクノロジーズの環境は、将来像が固まっていなかった自分にとって魅力的でした。

入社後、担当者と話をする中で「最先端の開発領域で働けるプロジェクトがあるよ」と提案いただいたのが今の配属先です。派遣技術者の受け入れに慣れているメーカーだったこともあり、実務経験がなかった自分にも丁寧に教えていただけていて、とても良い職場で働けていると思いますね。

また仕事と並行して、ビーネックステクノロジーズの学習支援制度も活用していて、今は制御技術について学んでいるんです。こうしたサポート体制も活用しながら、自分の可能性を探していきたいと思います。

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

「自分がどんなエンジニアを目指したいか、どんな仕事をしたいか」というところから相談できるのが、ビーネックステクノロジーズ。今まで知らなかった仕事や配属先で、新しい経験を積めるのも、エンジニアにとっての魅力だと思います。

「エンジニアの理想を現実に。」

ビーネックステクノロジーズでのご就業をご希望の方はこちら

エントリー