【自動車】
機械設計
2005年入社 / 奥村寿男

【自動車】機械設計 2005年入社 / 奥村寿男

努力し、悩み、工夫する。その先にある、ものづくりの喜びを味わっています。

「クルマの進化」が求める高い技術力。苦しみながらも、結果を出すやりがいがあります。

私が当社に入社したのは今から約14年前。当時の大阪拠点立ち上げのメンバーとして参加し、営業なども担当していましたが、やはり現場で技術を活かしたいと、長年やってきたエンジニアの仕事に戻り、これまで働いてきました。

現在の業務はクルマの動作を司るシャシーの設計。ここ十数年でクルマが高性能、多機能化するにしたがい、必要な部品が増え、制御も非常に繊細になっています。クルマの大きさは変わらないですから、省スペース、軽量さもより強く求められていて、設計も非常にシビアになっています。

先日、ブレーキ周辺部品の開発で特許を取得し、ビーネックステクノロジーズ社内でも表彰をしていただきました。これも試行錯誤を重ねながら基準と機能を満たす設計を追求する中で生まれた成果でしたが、自分の努力や工夫が会社に認めてもらえたと思うと、やはり嬉しいですね。

前向きに努力するエンジニアをサポートし、評価する会社風土が育ってきています。

個々のエンジニアが、それぞれの就業先で仕事をするのが当社の働き方。そんな中でも、「エンジニアが働きやすいように」と会社が変化してきていることを感じます。

例えば、スマホからアクセスできるオンラインサポートシステムは、いつでも会社からのメッセージが見られたり、営業担当者との連絡も取りやすく便利です。

また「技術者表彰」では、2019年の最優秀エンジニア賞をいただきました。頑張りを見てもらえているなと思えますし、だから、もっと頑張らなくっちゃ、という気持ちになれます。

私自身、技術についてはまだまだ学ぶことが多くあります。クルマの安全や性能を支える部分を担っている技術者として、今後も前向きな気持ちを持って取り組みたいと思います。

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

努力して、失敗して、また工夫して…。エンジニアの仕事は派手ではありませんが、完成した時の喜びがあります。作ることが好きだ、面白いと思える人なら、きっとビーネックステクノロジーズで成長できると思います。

エントリー