【半導体製造装置】
マネージャー
2005年入社 / 森山智明

【半導体製造装置】マネージャー2005年入社/ 森山智明

開発エンジニアとして磨いてきた技術。それが「マネージャーの力」の源泉です。

当社エンジニアの人事・教育・企画まで。マルチに活躍するポジションです。

半導体製造装置メーカーをはじめ、複数のお客様企業とお付き合いをしながら、各社に配属されている当社エンジニアの配属や教育、エンジニアのとりまとめに携わっています。

各社に数十名~100名ものエンジニアがいますから、一人ひとりの考え方やスキルレベルも様々。技術的な研修を実施するほか、エンジニア同士の交流イベントの企画など、働きやすい環境づくりも手掛けています。

またエンジニアのスキルアップを報告することと合わせて、お客様企業との給与交渉なども行っています。

今の仕事で大切にしているのは、お客様のニーズや市場の動きをとらえて、人材の提案を行うこと。新しい開発拠点の立ち上げの際、「エンジニアは全員ビーネックステクノロジーズに任せたい」という言葉をいただいた時は、マネージャーとしての達成感を味わえましたね。

自動車開発で磨いたスキルが今の仕事に役立つ面白さ。

ビーネックステクノロジーズに入社したのは今から13年前。レーシングカーの開発など、これまでの仕事で培ったキャリアを活かし、自動車メーカーで開発に携わるエンジニアとしてスタートしたんです。

開発の一員という立場でしたが、クライアントと「現場をこうしていきたい」「こんな人材がいると良いのでは」と率直に話していく中で、少しづつ人材の配置や教育も任されるようになりました。

当社には未経験からスタートしたエンジニアも多く、彼らが成長していく様子を見られることは、マネージャーとしての喜びです。

また、これから世に出る自動車を開発するエンジニアの仕事で身についた「未来を先読みする思考」が、今のポジションでとても役立っている。そんなところにも、仕事の面白さを感じますね。

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

エンジニアは、現場で技術を身につけ、努力することで自分の将来を作っていける仕事だと考えています。様々な会社やポジションに挑戦できる環境が当社にはありますから、チャンスをつかみたいと考えている人には魅力を感じてもらえると思います。

エントリー