【医療用機器】
冶具設計業務
2016年入社 / 森村亜弥

【医療用機器】冶具設計業務2016年入社 / 森村亜弥

自分と家族のために、勤務地も仕事も最優先。ビーネックステクノロジーズで、どちらも実現できました。

設計業務を通じて、医療に関わる大切さやりがいを実感しています。

医療用機器メーカーで就業しています。現在は、心電計や脳波計といった機器に使われる基板を製造するための冶具(じぐ。基板を決められた形にカットするための金型)の設計や、基板をカットする装置の動作プログラミングを担当しています。

前職では、品質保証の業務を担当していましたが、設計は初めての経験。入社後は、就業先のシステムや専門用語を必死で覚えながら、分からないことはどんどん社員の方に伺いました。
入社後1年経った頃からは、冶具設計の発注を受けた段階で、必要な段取りを自分で進めることができるようになりました。

正確に動くことが求められる医療用機器の製造に欠かせない冶具の設計には、これまでにないやりがいを感じています。

「家族との時間を大切にできること」が、自分の成長につながりました。

「これまでずっと関わってきたものづくりの仕事を続けたい」「息子のとの時間を大切にしたいから、自宅から通える勤務先」。
どちらもゆずれない2つの条件を満たすお仕事を紹介してくれたのがビーネックステクノロジーズでした。

初めての業務に不安はありましたが、「森村さんならきっとできます」と採用担当の方に背中を押してもらえ、チャレンジしてみようと決めました。
就業が始まってからも、ビーネックステクノロジーズの営業担当の方がこまめにフォローしてくださることがうれしいですね。

何より、家族と近い場所で働けていることで、安心して頑張れる。そのことが、自分の成長にもつながっていると思います。

ビーネックステクノロジーズのココがおすすめ!

【医療用機器】冶具設計業務2016年入社 / 森村亜弥

エンジニアごとに異なる経験や希望を踏まえてお仕事を提案してくれることが、当社の魅力だと思います。これまで経験がない製品や業務も含めて、自分の視野を広げて働きたいと考えている方には、とても良い会社だと思いますよ。

「エンジニアの理想を現実に。」

ビーネックステクノロジーズでのご就業をご希望の方はこちら

エントリー