「次」に挑むお客様のベストパートナーでありたい。

執行役員
【東日本営業管掌】
佐藤 聖也 Seiya Sato

 私たちが行う人材ビジネスは、「人を通じてお客様の課題を解決する」という非常に価値のあるサービスだと思っています。世の中の変化はとても早く、常にお客様の課題(ニーズ)は変化します。営業として質の高いサービスを提供するために最も重要なことは、「お客様のことを知る」ことです。

 お客様のことを知るためには、まず事前準備をしなければなりません。お客様の市場特性や動向・背景から課題を抽出し仮説を立てる。あらゆる視点で整理・分析をしておくことで、商談の質を上げることができるようになるはずです。お客様との限られた商談時間の中で、本質的な課題に対する解決策をご提案できるかが大きなポイントだと思います。
また日々の営業活動において、「気づき」や「磨くべきポイント」を把握するためにお客様からの評価を可視化し、変化点をウォッチしていきます。 当社初の試みとして、2020年12月に約2,200名のお客様を対象にお客様満足度アンケートを実施したところです。これからそのお客様のさまざまな「声」にどう応えていくべきか、2021年から営業担当全員で施策を検討していきます。

 私はお客様が困ったときに、いの一番に当社の名前が上がり、技術系人材の課題解決をすべて「お願いしたい」「任せたい」と思っていただける会社を本気で目指しています。
次に挑むのは、私たちだけではありません。お客様も「日本のものづくり・コト」をより豊かにするために、日々模索しながら挑戦し続けています。
私たち営業担当は「次に挑むお客様のベストパートナー」でなければなりません。あらゆる人事の課題と真摯に向き合っていくことで、お客様の信頼を勝ち得ていきたいと思っています。

シェアする