人事制度を改善し、
会社全体のサービスレベル向上を実現させる

松本光由

人事総務部部長 
松本光由 Mitsuyoshi Matsumoto

技術系の派遣業界で「最も支持される会社」を目指す私たちは、日々のすべての活動において「エンジニアやお客様のためになっているか」という視点を持つことが必要です。
派遣先への移籍や、派遣先のシフトなど、エンジニアが求める声に真摯に応えられているか、お客様のご要望にスピーディーに対応できているか、エンジニアやお客様にとって使いやすいサービスを提供できているか、常に顧客志向マインドを持ち各部門の責任者自身が行動進化を推進しなければなりません。

私たち人事総務部としての最大の役割は、社員のエンゲージメント(会社に貢献したいという想い)の向上に繋がる人事制度や働く環境を整備することです。各部門の責任者自身が行動進化を続けることで、顧客志向を実現するためのサービス提供が可能になると考えます。
現在の人事評価制度は、業務のプロセスと成果を評価する仕組みを導入しています。社員の行動進化を促すためには、顧客サービスの向上に繋がる行動や成果を、会社が評価する仕組みが必要になります。

今後は現在の評価制度に+αする形で、自己成長やサービスレベル向上への行動を評価する仕組みづくりを推進していきます。社員のエンゲージメントを高める成長支援策として社内公募の拡充や管理職へのコーチングを導入する予定です。
社員の自己成長やパフォーマンスの最大化を促すことが、顧客サービスの向上に繋がるはずです。

シェアする