成長できる職場のカギは「働きやすさ」。
当社エンジニアへの就業先満足度アンケート結果

メイン画像

当社では、エンジニアが自分のスキルや経験を活かし、成長を実感しながら活躍できる就業先をご提案しています。エンジニアそれぞれが考える今後のキャリアや、身に付けたいスキルに応じた企業に就業しており、88.0%ものエンジニアが「就業先に満足している」というデータ※も。そこで2022年9月、エンジニアの就業先への満足度についてより詳しいアンケートを実施しました。この記事では、アンケート結果の詳細なレポートをエンジニアの声と併せてご紹介します。

※2022年4月エンジニアWebアンケート/自社調べ

就業先満足度88.0%!エンジニアが働きやすいと感じる環境とは?

現在、当社に在籍しているエンジニアは約5,400名。就業先は大手メーカーを中心に、全国約990社、1,650事業所にも及びます。2022年4月、さまざまな企業で活躍する当社のエンジニアに、就業先に対する満足度についてヒアリングしたところ、88.0%という多くのエンジニアが「就業先に満足している」と回答しました。
この回答をふまえて、同年9月、エンジニアを対象にさらに詳しいアンケートを実施。具体的にどのようなところが就業先の「働きやすさ」に大きく影響しているのかを調べました。

結果、エンジニアが働きやすいと思うポイントは、「頼れる上司や信頼できる同僚との良好な人間関係」「職場の上司は困ったときに頼れる存在」というように、職場でのコミュニケーションが上位を占めました。仕事は人生の大半の時間を占めるもの。頼もしい上司や何でも気軽に聞くことができる同僚など、良好な人間関係は、仕事へのモチベーションや高いアウトプットにつながります。

また「有給休暇を取りやすい」「残業時間は負担にならない範囲に収まっている」など、自分の時間が持ちやすいという点も、働きやすさにつながるという結果が得られました。プライベートな時間をしっかりと確保して趣味に没頭したり、友達や家族と過ごすひと時を大切にしたいという方にとって、自分のペースで働くことの大切さがうかがえます。

多くのエンジニアが喜びや成長を実感

働きやすい環境には、エンジニア一人ひとりが喜びや成長を実感できる瞬間も多くあります。

先述のアンケートでは、「就業先での仕事に喜び(やりがい)を感じた瞬間」についての実態も見てきました。多くの票を集めたのは「自分が培ってきた知識・経験を活かせていると実感できたとき」「職場の上司や同僚、就業先で関わるお客様などから感謝されたとき」「関心のある分野の知識や技術を得て、自分の成長を実感したとき」の3項目です。

そして、「自分の成長を実感したとき」に対する回答をさらに細かくまとめたグラフがこちらです。

エンジニアは、就業先での仕事を通して新たな知識やスキルが身に付くことはもちろん、任せられる仕事の幅が広がったり、職場の上司や先輩から褒められたりしたときに成長を実感しているそう。これは就業先の人間関係が良好だからこそ、得られる実感と言えるでしょう。

また、就業先での工数・コスト削減や、新人教育などを任せられるエンジニアも少なくありません。普段の仕事ぶりをそばで見ている就業先の上司や同僚から信用され、責任ある仕事を任せられることも、大きなやりがいや成長の機会となっていることがうかがえます。

エンジニアの声

コロナ禍の医療現場で重要となる診断装置など、医療用機器の保守・メンテナンスを担当しています。自分が携わった機器が実際に世の中に貢献していることに大きなやりがいを感じています。(28才G.H)

私はスマートフォンのシステム開発に従事しています。就業先の上司は、私の意見を親身に聞いて一緒に考えてくれますし、業務に貢献すればするほど任せてもらえる仕事の幅が広がるので、成長の機会にも恵まれています。(31才W.I)

私が担当しているのは、電気自動車のシステム設計。電気回路の設計スキルを日々深められ、40代の現在も自分の成長を実感できています。就業先では、派遣とメーカー社員の垣根なく、責任のある仕事を任せてもらえます。上司や就業先のお客様との関係も良好で、働きやすいですね。(42才T.H)

当社のエンジニアは、さまざまな就業先で「次」に挑み続けています。当社ではこれからもエンジニア一人ひとりと向き合い、エンジニアとしての可能性を広げ、力を最大限発揮できるように個性やスキルにマッチする就業先を提案していきます。

シェアする