エンジニア一人ひとりの成長を支えるオンラインサポートシステム

当社では、成長意欲のあるエンジニアが次のステップに進むためのサポートに力を入れています。その中の取り組みの1つが、会社とエンジニアをつなぐオンラインサポートシステム「NEXTATION(ネクステーション)」。このシステムを通じて、どのようにエンジニアが自らの「価値」を高めているのか、その仕組みと取り組み内容についてご紹介します。

| エンジニアの価値を高めるための仕組み

※参照:エンジニア成長・育成のサイクル
https://www.benext.co.jp/engineer-value/

エンジニアの成長・育成のサイクルを回し、その価値を高めていく。そのために、当社ではまずエンジニアの状態を把握することを大切にしています。過去の実績や現在の業務内容、お客様からの評価、目指すキャリアなどをふまえ、エンジニア一人ひとりに合った学習の機会を提供し、その成長をサポートしています。

| 専門的な技術や知識の習得を支えるオンラインサポートシステム

NEXTATION(ネクステーション)には、 「エンジニアが次に挑むためのプラットフォームとなる」 という想いが込められています。

こうしたEVモデルの取り組みの一環として、当社では2020年7月に、技術系派遣業界では初めてエンジニア全員に社用スマートフォンを貸与しました。搭載されているオンラインサポートシステム「NEXTATION(ネクステーション)」を通じて、お客様先に就業しているエンジニアは勤怠関連の申請や会社からのお知らせを一括で管理できます。

2021年9月には、さらにエンジニアの働きやすさを向上するための機能を拡充。チャットボットによる各種問い合わせの効率化や、申請やお知らせをカスタマイズできるようにしたことで、より管理しやすくなったとエンジニアから好評です。

中でも、多くのエンジニアが活用しているのが、オンラインサポートシステムから予約・受講できるeラーニングなどの研修講座。時間や場所を選ばずに、自分のスキルアップに必要な専門性の高い講座はもちろん、興味のある分野の研修も受けられます。

半導体やリスクマネジメントなどの知識が学べる講座を実施しています。

また、当社ではエンジニア主体のオンライン勉強会も活発です。
例えば、情報セキュリティに精通するエンジニアによるリスクマネジメント講習や、半導体に35年以上も携わるベテランエンジニアによる半導体の初級者向けセミナーなど、幅広い分野のノウハウを共有し合える機会となっています。

<オンライン勉強会に参加したエンジニアの声>

自身と同じ半導体業界で活躍するベテランエンジニアの講師から、知識や技術をレクチャーしてもらえる勉強会に参加。100名以上のエンジニアが参加し、質疑応答も活発で気づきが多くとても充実した時間でした。

情報セキュリティに係わるリスクマネジメントについて、身近な例を挙げて解説してもらえたので、わかりやすかったです。

就業先は異なっても、当社のエンジニアとして積極的に自分の経験やノウハウを仲間に発信する姿に刺激を受けました。

エンジニア主体のオンライン勉強会は今後も定期的に開催いたします。参加者の中には、他のエンジニアによる勉強会に刺激を受け「自分の業務知識や経験が、当社の仲間のためになるなら」と講師役に手を挙げるエンジニアもいます。当社ではこれからも、エンジニア同士が互いに高め合える機会を提供していきます。

シェアする