正社員型派遣エンジニアの転職・求人サイトネクストエンジニア

お気に入り
0
エントリー
MENU
働く環境
更新日:

生産技術の転職は難しい?おすすめの転職先や転職に失敗しないコツを解説

「生産技術エンジニアとして違う会社に転職したい」
「生産技術エンジニアの転職は難しいのだろうか」
転職を検討している生産技術エンジニアの中には、このように考えている方もいるのではないでしょうか。

生産技術エンジニアは生活や仕事に欠かせない製品の生産に携わる、製造業の根幹とも言える仕事です。そのため転職しても活かせる知識やスキルはあります。

本記事では、生産技術エンジニアの転職の難易度や転職活動で何をアピールしたら良いのか解説します。転職活動に失敗しないコツも紹介しますので、参考にしてみてください。

生産技術エンジニアの転職は難しい?

生産技術エンジニアが同業界・同職種へ転職することはそれほど難しくないでしょう。
いかに低コストで安全に高品質な製品を量産できるか考える仕事で、製造業の根幹を担う貴重なエンジニアであり、需要があります。

さらに、生産技術エンジニアの仕事で得られる以下のスキルは汎用性が高く、他の仕事でも活かしやすいメリットがあります。

  • 工学系の知識
  • 品質管理
  • 進捗・納期の管理
  • 予算管理

これらのスキルを身に付けていると、生産技術エンジニア以外の職種でも重宝されます。

生産技術エンジニアの仕事内容について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:生産技術エンジニアの仕事内容|年収例や資格・将来性についても解説

生産技術の市場動向と将来性

生産技術エンジニアは、生活に不可欠な安心安全の製品を作るため欠かせない存在であり、将来性のある職種です。生産技術エンジニアが活躍する製造業は、2021年時点で国内GDPの約2割*1を占め、日本経済を支える中心的な役割を果たしています。

しかし、現在多くの企業が人手不足という課題を抱えています。全産業に占める製造業従事者の割合は年々低下の一途をたどっており、多くの企業が優秀なエンジニアを欲しているのです。

さらに、近年は業務効率化や人材不足解消を目指してAIやIoT技術を取り入れたいと考える企業も増えています。こうした技術を活かして生産工程の業務効率化・自動化を進められる生産技術エンジニアの需要は、ますます高まるでしょう。

※参照:
*1)経済産業省「2023年版ものづくり白書(第1章 業況/第1節 製造業の業績動向)」2P

生産技術エンジニアの主な転職理由

生産技術エンジニアが転職したいと考える主な理由は、以下3つが挙げられます。

  • 今の会社ではスキルが身に付かないから
  • 開発や設計など上流工程に携わりたいから
  • 労働環境に悩みがあるから

転職前にできる対策もそれぞれ解説します。

今の会社ではスキルが身に付かないから

以下の理由から、今の会社ではこれ以上スキルが身に付かないと考える人もいます。

  • 新しいことに挑戦しにくい職場環境である
  • 他の職種で活かせるスキルが身に付かない

会社の規模や予算の都合上、業務範囲が制限されるケースがあります。しかし「スキルが身に付かない」と考えている場合「自分の能力は今の会社でしか通用しないのでは」と思い込んでいるケースもあります。

生産技術エンジニアのマネジメント能力や生産ライン関連の知識は、他の会社や職種でも活かせる部分があるはずです。自分の能力を低く見積もりすぎないようにしましょう。

開発や設計など上流工程に携わりたいから

製造工程は上流と下流の工程に分かれており、製品を生産する生産技術は下流の工程を担っています。そのため、モノづくりの初期段階から携わりたいと考えて、製品の仕様決定や開発を担当する設計・開発エンジニアに挑戦したい人もいるでしょう。

生産技術エンジニアに欠かせない機械工学の知識や、実務で得た生産ライン、治工具設計の知識は上流工程の仕事でも活かせます。

労働環境に悩みがあるから

休日出勤や過度な残業を強いられるなど、今の職場環境に不満があり転職を考える人もいるでしょう。

転職後に同じ状況に陥らないためには、求人情報を読み込んでおくだけでなく、転職前に企業の口コミや評判を確認しておくのがおすすめです。不明点があれば、面接時に採用担当者に尋ねてみるのも良いでしょう。

生産技術エンジニアの転職活動でのアピールポイント

生産技術エンジニアが転職時にアピールした方が良いポイントは5つあります。

  • 生産現場の実情に詳しい
  • 生産設備の知識がある
  • コミュニケーション力・マネジメント能力がある
  • 課題解決能力がある
  • 転職先で役立つ資格がある

アピールできそうなものがないか、確認してみてください。

生産現場の実情に詳しい

同業種の製造業への転職を検討している場合、生産現場の実情を把握していることは強みになります。製造工程や現場の作業の流れを一通り理解していると、スムーズに作業に取り掛かれます。

現場で働く人の悩みや不安がわかるからこそ、従業員が作業しやすい環境も整えられるでしょう。

生産設備の知識がある

生産設備の知識があることも強みになります。生産技術エンジニアは日々生産設備の立ち上げや調整、メンテナンスなどに携わるため、自然と知識が身に付きます。

設備の不具合に対処することもあり、設備の保全業務は生産現場で避けて通れません。他社の生産現場でも、設備の知識が備わっているエンジニアは需要があります。

コミュニケーション力・マネジメント能力がある

生産技術エンジニアが社内外の人と関わる上で欠かせない、コミュニケーション力やマネジメント能力もアピールポイントになります。

生産技術エンジニアは設計エンジニアと生産現場の従業員のパイプ役とも言える存在で、多くの人と要望や意見を交わしながら円滑に仕事を進めます。転職の時は、さまざまな意見を取り入れつつ業務を進められることをアピールできるでしょう。

課題解決能力がある

生産現場の課題を解決できる能力も、重要なアピール材料です。生産現場の体制や稼働率は、会社の経営状態や市場動向から大きな影響を受けます。

日々現状を分析し、生産現場の課題の発見、対策の考案・実施・効果の確認まで行いPDCAサイクルを回していきます。従業員の人員不足など、人的トラブルが発生することもあるため、現場のさまざまな課題を解決してきた経験は大きな強みです。

転職先で役立つ資格がある

資格があると転職活動で知識やスキルを可視化でき、アピールがしやすくなります。生産技術エンジニアに取得をおすすめしたい資格は、以下3つです。

  • 生産技術者マネジメント資格
  • 機械保全技能士
  • 品質管理検定(QC検定)

いずれも生産技術の実践的なスキルがある証明となり、転職活動が有利に働く可能性があります。生産技術エンジニアにおすすめの資格について、詳しくは以下の記事を確認してみてください。


参考記事:生産技術エンジニアの仕事内容|年収例や資格・将来性についても解説

生産技術エンジニアにおすすめの転職先

生産技術エンジニアにおすすめの転職先を3つ紹介します。

  • 別企業の生産技術エンジニア
  • 機械設計エンジニア
  • 品質保証、品質管理

転職先に悩んでいる人は参考にしてみてください。

別企業の生産技術エンジニア

より良い勤務条件や会社の将来性などを考慮し、生産技術エンジニアとして別企業に就職する方法です。同職種のため、これまでの知識やスキルを活かして即戦力として活躍できるでしょう。

ただし、業界を変える場合は取り扱う製品次第で自分のスキルが通用しないこともあります。自分と応募先企業との親和性を見極めることが重要です。

機械設計エンジニア

機械設計エンジニアとは、機械が動く仕組みを作るエンジニアです。製品を生み出す工程に携わりたい人におすすめです。転職した場合、生産現場で設計・設備に携わった経験や知識を活かせる点や、生産現場で求められている機能など現場の声を仕事に反映できる点が強みとなります。

機械設計エンジニアを始めとした上流工程の仕事に就くと、収入アップも期待できます。仕事について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:機械設計エンジニアの仕事内容|年収や転職に役立つスキル・資格も紹介

品質保証、品質管理

品質保証は出荷後の製品の品質保証や顧客対応を行う仕事で、品質管理は製造後の製品を検査し品質を保証する仕事です。

生産工程でも品質管理の業務があるため、生産技術エンジニアの仕事にも品質管理が含まれています。生産技術エンジニアが幅広く製造全体に携わるのに対し、品質保証は品質管理に特化した仕事です。数ある工程の中で、品質保証の専門性を高めたい人に向いています。

生産技術エンジニアの転職に失敗しないコツ4選

生産技術エンジニアが転職に失敗しないコツを4つ紹介します。

  1. 業界研究・企業研究をしっかり行う
  2. 説得力のある志望動機を作る
  3. 活かせる経験やスキルを整理する
  4. 生産技術に強い転職サイトを利用する

希望する仕事に就いたあとに後悔しないよう、確認しておきましょう。

1.業界研究・企業研究をしっかり行う

まず、異なる業界に転職したい場合は志望する業界をしっかり研究しましょう。業界への理解が浅く、自分のイメージで入社すると後悔する可能性があります。

業界や分野を絞り込んだら、業界の中でも主要な企業や興味のある企業を調査します。業界研究、企業研究はそれぞれ最低限以下を調べておきましょう。

項目内容
業界研究
  • 業界内の主要企業
  • 職種
  • 事業の種類
  • 将来性
企業研究
  • 事業内容
  • 経営理念
  • 募集している職種
  • 競合他社との違い
  • 将来性

研究方法としては、企業の求人・ホームページを確認する、業界のニュースや専門誌をチェックするなどの方法があります。

2.説得力のある志望動機を作る

志望動機は履歴書や面接で必ず質問されるため、転職理由が明確で説得力のあるものにしましょう。注意すべき点は、前職の不満や愚痴を言わないことです。「キャリアアップしたい」「御社の製品に以前から興味があった」といった前向きな理由を述べましょう。

わかりやすい志望動機を作るためには、以下の内容を盛り込むのがおすすめです。

  • なぜその業種・職種を選んだのか
  • 入社後にどのような仕事をしたいか
  • どのようなキャリアプランを考えているか
  • 転職先で活かせる経験やスキルは何か

採用担当者に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえる志望動機を作成しましょう。

3.活かせる経験やスキルを整理する

転職後の会社で活躍できる人材とアピールするためには、自分の能力を正確に把握して説明する必要があります。以下の観点で自分の経歴を振り返って、転職後に活かせる経験やスキル、仕事で挙げた実績などを書き出してみましょう。

  • 携わった製品や設備
  • 経験した業務内容
  • 身に付けたスキル
  • 取得した資格

たとえば、コミュニケーション能力は職種・業界を問わず必要とされます。チームと協力して仕事を進めたり、顧客と交渉を行ったりした経験は転職後も活かせるでしょう。

4.生産技術に強い転職サイトを利用する

一人で転職活動を進めるのが不安な人は、生産技術に強い転職サイトを利用してみましょう。希望に沿った求人紹介や応募先企業への条件交渉など、応募から就業までをトータルでサポートしてくれる転職サイトがおすすめです。

サイトによって専門の職種や業界が異なるため、生産技術エンジニアへの転職を希望する人は製造業に強いサイトを利用しましょう。

当社ビーネックステクノロジーズは、製造業へのエンジニアの就業支援実績が豊富です。業界事情に明るい専門コーディネーターが1対1でサポートします。求人に応募する前に相談できるサービスもありますので、確認してみてください。

求人紹介サービスを試してみる
※初回相談限定

生産技術エンジニアはいつキャリアチェンジを検討すべき?

少しでも転職を考えているのであれば、早めに動くべきです。十分な経験やスキルがあればいつでも転職できる可能性はありますが、年齢を重ねると応募先の選択肢が少なくなることもあります。

しかし、現在の職場や仕事内容に不満がないのであれば、とりあえず3年間経験を積むのも手段のひとつです。転職活動で専門性が高い人材と見なされる経験年数は「3年以上」であることが多いため、同業種・同職種への転職であれば経験年数が少ない人よりも内定されやすいでしょう。

自分の希望やスキル、現在の職場環境などを考慮して、今すぐキャリアチェンジに動くべきなのか、現在の職場で専門性を磨くべきなのかを判断しましょう。

生産技術エンジニアの経験やスキルを活かして転職を成功させよう

生活や仕事に欠かせない製品の生産に携わる生産技術エンジニアは、他の職種でも通じる汎用性の高いスキルが磨ける仕事です。自分と親和性の高い企業を見極めて、転職後に活かせる経験やスキルをアピールできれば転職は難しくないと言えます。

しかし、一人で自分に合った求人を探したり選考の準備をしたりすることに不安を感じる人もいるでしょう。ビーネックステクノロジーズでは、製造業の事情に詳しいコーディネーターがあなたの希望やスキルに合った求人を紹介し、就業まで徹底サポートします。

興味がある方は、以下から生産技術エンジニアの求人を確認してみてください。

生産技術エンジニアの求人を探す

<初回相談限定>応募する前に、まずは相談したい方向けの無料相談サービスです
求人紹介サービスを試してみる

※これまで当社求人にご応募いただいたことがある方は、エントリーフォームよりご応募ください。

SHAREする
  • LINE