正社員型派遣エンジニアの転職・求人サイトネクストエンジニア

お気に入り
0
エントリー
MENU
働く環境
更新日:

品質保証の転職は有利?強みとなるスキルや資格、おすすめの転職先を解説

「品質保証からの転職でおすすめの仕事は?」「転職で有利になるスキルや資格はある?」そんな疑問を感じてはいませんか。

品質保証の仕事は、企画から製造までの幅広い工程に関わるため、さまざまなスキルを身に付けられます。コミュニケーションスキルやリスクマネジメントスキルなど、異業種でも活かせるスキルも多いので、経験を活かせる仕事も多いでしょう。

今回は品質保証からの転職が有利な仕事や活かせるスキルについて解説します。興味がある方は、以下から品質保証の求人を確認してみてください。

品質保証の求人を探す

<初回相談限定>応募する前に、まずは相談したい方向けの無料相談サービスです
求人紹介サービス

※これまで当社求人にご応募いただいたことがある方は、エントリーフォームよりご応募ください。

品質保証の転職は有利?

品質に関する不正が発覚した場合、企業へのダメージが大きく経営破綻につながる恐れもあることから、品質保証の需要は高い傾向にあります。昨今は、品質偽造や検査の不正などの問題が多発しており、製品の質に対してシビアな目を向けられる場合がほとんどです。

品質保証の転職市場では、特定の分野だけの経験よりも、システム単位での仕事の経験がある人の方が有利に働くでしょう。また、ヨーロッパのRoHS指令※1やREACH規則※2、ISO規格※3などの国際規格に対する知識も重要視されます。

※1 EUが制定した「電気および電子機器に含まれる、特定の有害物質の使用制限に関する法律」
※2 EUが制定した「化学物質の登録、評価、許可、および制限を目的とした規則」
※3国際標準化機構(ISO)が制定した「世界中で一定の品質やレベルを保証し、製品やサービス、マネジメントシステムに関する国際基準を提供するための規格」

品質保証の市場動向と将来性

高度で複雑なシステムが増えていることから、不具合を発見するための品質保証の需要は年々高くなっています。特に、AIが台頭してきたことによって業務効率化が進み、システムやソフトウェアの保証が重要視されるようになりました。

しかし、求められる製品レベルが上がっているため、スキルや知識のアップデートが欠かせません。品質保証として活躍し続けるためには、最新の情報や技術をキャッチアップして学び続ける必要があるでしょう。

品質保証の仕事は、将来的にAIが代用する部分がでてきたとしても、すべてを担うことはできません。ユーザー視点の提案やテスト設計などは人間にしかできないので、AIが完全に仕事を奪うことはないでしょう。

品質保証の転職を有利にする5つのスキル

品質保証の仕事は製品の製造に関するすべてのプロセスに関わるため、幅広いスキルを身に付けられます。他の業種や業界でも活かしやすいのは、以下の5つのスキルです。

  1. 専門的な知識
  2. 分析力
  3. リスクマネジメントスキル
  4. コミュニケーションスキル
  5. 責任感の強さ

品質保証の仕事で身に付けたスキルを活かして転職活動を有利に進めましょう。

1.専門的な知識

転職先の分野と親和性の高い経験がある人は、活躍をイメージしてもらいやすいため、即戦力としてアピールしやすいでしょう。特に、問題点や課題の改善業務は、開発や生産分野で活かせる場合がほとんどです。

また、製造業やサービス業に必要とされるISOのような国際規格に関する知識も強みになります。基本的にすべてのシステムがISO9001に準じて構築されるため、ほかの業種や業界でも応用しやすいのが特徴です。

そのほかにも、品質管理検定(QC)は開発分野の仕事に活かしやすいので、興味がある人は取得に挑戦してみましょう。

2.分析力

データ収集の機器の扱いや分析手法、結果のフィードバックなどは、ほかの業種でも活かせる強みです。製品の不具合や品質のチェックをするには、高い分析力や観察力が欠かせません。

また、分析の際には論理的思考力も必要なため、分析力と合わせてアピールしましょう。分析力や論理的思考力の高さは、問題解決力にもつながることから、多くの企業で重宝されるスキルです。製造分野に限らず、企画や顧客対応などにも活かせるでしょう。

3.リスクマネジメントスキル

トラブルを最小限に防ぐリスクマネジメントスキルは、多種多様な業界・業種で重要視されています。品質保証の仕事は、トラブルやアクシデントの対応をすることも多く、リスクマネジメントスキルを身に付けられるのが特徴です。

リスクマネジメントスキルが高い人はトラブルを未然に防げるため、顧客からの信頼も得やすいでしょう。また、正確性を求められる仕事でも強みになるので、実験・評価エンジニアのような仕事を希望する場合にアピールするのがおすすめです。

4.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはどのような業種でも活かせるスキルです。品質保証は多くの部署との連携を求められるため、コミュニケーションスキルが欠かせません。

また、トラブルが発生した際には営業に同行し、顧客と対応することもあるでしょう。そのようなトラブル対応の経験や問題解決能力は、幅広い企業にアピールできます。

具体的なエピソードを伝えられると説得力がでやすいため、事前に考えておくのがおすすめです。日常の業務からトラブル対応までできる幅広いコミュニケーションスキルは、多くの業種で強みになるでしょう。

5.責任感の強さ

責任感の強い人は転職先でも評価されやすいため、仕事の取り組み方のような具体的なエピソードを交えながらアピールしましょう。品質保証は、製品の最終チェックなど責任を問われる業務が多いです。

不具合やアクシデントを防ぐ責任感の強さは、どのような企業や職種でも重宝される強みです。仕事に対する真剣さや真面目な取り組みについて伝えると良いでしょう。

品質保証におすすめの転職先5選

品質保証からの転職を有利に進めるなら以下の職種がおすすめです。

  1. 品質監査
  2. 品質管理エンジニア
  3. 生産技術エンジニア
  4. 実験・評価エンジニア
  5. リスクマネジメントコンサルタント

転職してからギャップを感じないように、自分のスキルを活かしやすい仕事を探しましょう。

1.品質監査

品質監査は、製品やサービスが規格や法令を遵守しているかを確認する仕事です。問題をわかりやすく説明するコミュニケーションスキルや生産プロセスに関する知識・経験を活かせます。

また、法令や規格に関する知識が求められるため、経験がある分野の企業を選ぶのがおすすめです。国際規格に関する知識も必要なので、しっかりと身に付けておきましょう。消費者保護や企業の信頼回復に貢献したい人にも向いている仕事です。

2.品質管理エンジニア

品質管理は、製造している製品に対する品質を管理する仕事です。品質保証とは、業務内容が似ているため比較的スムーズに転職できるでしょう。

品質管理は製造プロセスのみに対応し、不良品の発生原因の分析や改善をするのが特徴です。製品の質を検査し、問題ないか判断する製品基準に対して責任を負います。

興味がある方は、以下から品質管理の求人を探してみてください。

▽品質管理の求人を探す

3.生産技術エンジニア

生産技術エンジニアは、製品の生産工程の課題を明確化し、作業効率の改善をする仕事です。長期的なスパンでコスト削減や生産期間の短縮を目指します。

製造業の種類は多く、生産工程もさまざまであるため、幅広い分野の知識が必要です。多種多様な製造業に関われることから、エンジニアとしての成長を感じられるでしょう。

以下の記事では、生産技術エンジニアの仕事内容や年収例、向いている人などについて紹介しています。生産技術エンジニアの仕事に興味がある人は、ぜひご覧ください。

関連記事:「生産技術エンジニアの仕事内容|年収例や資格・将来性についても解説

4.実験・評価エンジニア

実験・評価エンジニアは、リリース前の製品の機能や安全性、品質を評価する仕事です。自動車や家電製品、航空機などを対象に開発したシステムが、問題なく動作するかの検証もします。

不具合が生じた場合は、原因の分析とフィードバックをするため、コミュニケーションスキルも求められるでしょう。また、データを読み取る力や忍耐力も必要とされます。製品に対する実験だけでなく、結果の分析や解析も行うことから、論理的思考力も活かしやすいでしょう。

以下の記事では、実験・評価エンジニアの仕事内容や求められるスキル、役立つ資格などについて紹介しています。実験・評価エンジニアの仕事に興味がある人は、ぜひご覧ください。

関連記事:「実験・評価エンジニアの仕事内容|求められるスキルや将来性も解説

5.リスクマネジメントコンサルタント

リスクマネジメントコンサルタントは、災害や事故、重大障害が起きた際に、スムーズな企業活動が行えるようにするための事業継続計画(BCP)の策定をする仕事です。個人情報の漏洩やデータ改ざん、不正会計などのリスクに対する管理体制の構築も実施します。

業務内容と性質が品質保証経験者のマインドと合うので、親和性は高いでしょう。監査法人のアドバイザリー部門やリスク管理専門のコンサルティングファームなどへの転職がおすすめです。

品質保証に強い転職サイトを利用するのもポイント

転職を有利に進めるには、品質保証に強い転職サイトを利用するのがおすすめです。特に、求人紹介や面接対策、応募先への条件交渉などの就業をサポートしてくれるコーディネーターがいるサイトであれば、スムーズに転職活動を進められます。

サイトによって得意分野が異なるので、生産技術エンジニアへの転職を希望する場合は、製造業に強いサイトを利用しましょう。

NEXT ENGINEER』なら機械や電気、IT領域に特化した全国の求人が7,000件以上掲載されています。自動車や航空機、家電製品、ロボットなどの大手メーカー約1,080社の求人が掲載されているのが特徴です。

また、専任のコーディネーターに、エンジニアとしてのキャリアパスや希望職種について相談できるので、転職先に悩んでいる人はぜひ『NEXT ENGINEER』を利用してみてください。

品質保証の転職に関するよくある質問

品質保証の転職に関する以下の質問にお答えします。

  • 品質保証から品質管理への転職は有利ですか?
  • 品質保証の主な転職理由は何ですか?

疑問点を解消したうえで、転職活動に取り組みましょう。

品質保証から品質管理への転職は有利ですか?

品質保証と品質管理の仕事は親和性が高いため、比較的有利に転職活動が進められます。必要な知識や求められるスキルもほとんど同じであり、経験やスキルを活かしやすいでしょう。

自動車メーカーから自動車メーカーのように、スキルと経験が一致している企業だと受け入れられやすいのでおすすめです。

また、以下の資格を所有しているとより有利に転職を進められます。

  • 品質管理検定(QC)
  • 品質マネジメントシステム審査員
  • 統計検定

品質管理への転職を考えている人は、資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

品質保証の主な転職理由は何ですか?

品質保証の主な転職理由は以下のとおりです。

  • 業務量が多い
  • クレーム対応が辛い
  • 責任が重い
  • 製品開発のようなわかりやすい成果を上げにくい

品質保証の仕事は、企画から生産まで関わるため業務範囲が広く、幅広い知識が必要です。また、クレーム対応を行うこともあり、精神的な負担を感じやすいでしょう。

一方で、異業種や異なる業界で経験を積みたい人やマネジメント業務に携わりたい人など、ポジティブな理由で転職を希望するケースも多いです。

NEXT ENGINEERで品質保証からの転職を成功させましょう

AIによる業務効率化が進んでいることから、IT領域を始めとする幅広い業界で品質保証の需要が高まっています。製品の不具合の発覚は企業にとってもダメージが大きいため、経験やスキルを持っている人材は重宝されやすいでしょう。

また、品質保証からの転職で有利な仕事には、品質管理や生産技術エンジニアなどが挙げられます。幅広い工程に関わる品質保証の仕事は、異業種でも活かせるスキルが身に付く傾向にあるのも特徴です。

『NEXT ENGINEER』では、品質保証で培った経験やスキルを活かせる多種多様な企業への派遣実績も豊富にあります。専任のコーディネーターに求人先やキャリアパスについての相談も可能です。

興味がある方は、以下から品質保証の求人を確認してみてください。

品質保証の求人を探す

<初回相談限定>応募する前に、まずは相談したい方向けの無料相談サービスです
求人紹介サービスを試してみる

※これまで当社求人にご応募いただいたことがある方は、エントリーフォームよりご応募ください。

SHAREする
  • LINE